メインイメージ画像

コンタクトレンズを継続使用するためには定期検査を受けましょう

コンタクトレンズとは目に直接入れて使うレンズの事を指します。一般的に日本においては視力を矯正する為に使用されていますが、材質によって固いタイプと柔らかいタイプに分類されています。ある統計によると日本で使用が多いのは、柔らかいタイプのコンタクトレンズといった結果が出ています。柔らかい方は固い方と比較するとずれにくいといった特徴があるので、特に体を動かす人には向いていると言われています。しかし両者にはそれぞれの特徴があるので理解をした上で使用する事が大切です。

柔らかいタイプの利点として、はずれにくさの他にも目を傷つけにくいといった事も挙げられています。

素材が柔らかい分、目に密着しやすくなると言われているので使い心地の良さに高い評価があります。しかし使用する時は注意点も挙げられています。まず一つ目は目のトラブルに気づきにくいと言われている事です。その理由として素材が柔らかい為、異物を包みこむ可能性がある事が指摘されています。二つ目は乾燥しやすい事です。あるアンケートによると固いタイプと比較すると乾燥を感じる割合が多いといった結果もでています。



また固いタイプの方も利点と注意点が挙げられています。まず利点としては目に何らかの異物が入った時に気づきやすい事です。個人差はありますが、柔らかいタイプと比較すると何らかの違和感を覚える割合が多く早期に対応しやすいと言われています。注意点として挙げられていることは慣れるまでに時間がかかる事です。一般的に固いタイプは慣れるまでに数週間が必要とされているので、柔らかいタイプと比較すると時間がかかるとされています。



コンタクトレンズは種類によっていくつかの利点と注意点があります。またある専門家によるとコンタクトレンズは目に異物を入れる事と同じと指摘しているので、定期検査を行う事を推奨しています。実際にある統計によると定期検査を受けている割合は約8割以上といった結果もでています。現在は医療の技術も日々進化しておりさまざまな商品が開発されています。コンタクトレンズも数多くの種類があるので、それぞれの特徴を理解した上で自分に合ったタイプを使用していく事が大切です。

更新情報